かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

座右の銘

松下幸之助に学ぶ

数年前に実家へ帰ったとき、父の本棚から拝借してきたのが「人を活かす経営(松下幸之助)」という文庫本。もともと1979年9月に刊行された本が、1989年12月に文庫本になって再登場したようです。今ではPHPビジネス新書ということで出版されています。 人を活…

ノーリスク・ハイリターンの成功原則 レバレッジ時間術

これまでに「レバレッジ・リーディング」と「レバレッジ・シンキング」を読んできました。 これらのシリーズはどれも「てこの原理(レバレッジ)」がキーワードになっています。今回はこれに続く本田直之氏のレバレッジシリーズの3冊目です。 レバレッジ時…

無限大の成果を生み出す4つの自己投資術 レバレッジ・シンキング

前回、少ない労力で大きな成果をあげるための読書法が書かれている「レバレッジ・リーディング」を紹介しました。 k-create.hatenadiary.com 今回、同じ本田直之氏のレバレッジシリーズ、「レバレッジ・シンキング」を読みました。少ない労力で大きな成果を…

学びになりそうな記事を集めてみました「かっきぃーの書斎」

「かっきぃーの旅行記」に引き続き、今日は「かっきぃーの書斎」というものをまとめてみました。とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門など仕事に役立つ情報や読書の記録、ものづくりの記録などの記事を、これから継続的に集約していきたいと思います…

司馬遼太郎の調査力・想像力・表現力の凄さに驚愕

以前は歴史小説を読むなんてことはありませんでしたが、数年前から日本の歴史に興味がわきはじめ、「信長の棺(加藤廣)」や「日本の200年 徳川時代から現代まで(アンドルー・ゴードン)」、「新史太閤記(司馬遼太郎)」などを読んできました。 「新史太閤…

おもしろき こともなき世を おもしろく

「おもしろき こともなき世を おもしろく」幕末の長州藩士、高杉晋作が詠んだとされる句です。 『竜馬がゆく(7)(司馬遼太郎/文春文庫)』の383ページには、次のように記載されています。 「面白き、こともなき世を、おもしろく」 辞世の上の句を読んだ…