かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

視点を変えて新たな発見! 海外から日本への観光ツアーってどんなプラン?

日本から海外へ出発するツアーはよく目にしますが、海外から日本へのツアーというのは見たことがありません。海外に住んだ経験のある人は見たことがあるかもしれませんが、通常、日本にいて目にすることはありません。 以前、新婚旅行にスペインに行こうかと…

故宮博物館@北京 そして日本へ : 西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード(その9)

新北緯飯店 窓から見える北京の町並み 故宮博物館 北京空港から日本へ 新北緯飯店 ウルムチでは予定の飛行機に乗れなかったものの、約1時間遅れで済みましたので、なんとか夕食に間に合う時間にホテルに到着することができました。 ホテルは古いがベッドル…

11体のミイラが展示!新彊ウイグル自治区博物館@ウルムチ : 西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード(その8)

トルファンからウルムチへ向かう 11体のミイラが展示!新彊ウイグル自治区博物館 予定の飛行機が飛ばない!? トルファンからウルムチへ向かう 車窓に広がる天山山脈(5000m級) 8:40頃ホテルを出発。ウルムチへは約180km、約2時間30分の…

西遊記の芭蕉扇の舞台 火焔山。高昌古城・アスターナ古墳群・ベゼクルク千仏洞・ 交河故城@トルファン : 西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード(その7)

高昌古城 アスターナ古墳群 ベゼクルク千仏洞 西遊記の芭蕉扇の舞台 火焔山 トルファンの町並み トルファン賓館 交河故城 高昌古城 町の様子が想像できるほど、さまざまな建物が残っていた。 ロバ車にのる(往復2人で60元)。ロバは結構速く走る。と思っ…

敦煌故城・漢の長城・玉門関、そして寝台列車に乗る!@敦煌 : 西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード(その6)

敦煌故城 漢の長城・玉門関 敦煌からトルファンへ 寝台列車の旅 敦煌故城 井上靖の著書「敦煌 」を原作に製作した映画のセット。 3000万円掛けて作った町並みを保存しているが、 訪れるのは日本人だけだそうな。 映画「敦煌」は西田敏行主演。 旅行後に…

莫高窟・月牙泉・鳴砂山@敦煌 : 西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード(その5)

小型ジェット機でドキドキフライト(西安→敦煌) 最上級3ツ星ホテル・太陽大酒店(敦煌) 世界遺産・莫高窟 小皿がピラミッド!太陽大酒店に一度戻り昼食 月牙泉・鳴砂山 ☆初ラクダ記念☆ 段通(絨毯)製作所の見学 小型ジェット機でドキドキフライト(西安→…

シルクロードの起点 西の城門にてシルク緞通を買う@西安 : 西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード(その4)

元日の朝食は ケンタッキー(肯塔基) 鼓楼 鐘楼 抜群に美味な広東料理@西安賓館 シルクロードの起点 西の城門にてシルク緞通お買い上げ 元日の朝食は ケンタッキー(肯塔基) 昨日、大雁塔観光を済ませたので、結局元旦の朝は遅めの10:30集合となりました…

西安名物料理 餃子宴と大雁塔・鐘楼@西安 : 西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード(その3)

フリータイムの予定がなぜか大雁塔 鐘楼近くのマクドナルド(麦当劳)でおやつタイム。 鐘鼓楼広場の下にあるデパートでお土産を買う 西安名物料理 餃子宴 餃子宴の餃子18種 フリータイムの予定がなぜか大雁塔 広告に掲載されているもともとのツアー予定で…

華清池・兵馬俑博物館@西安 : 西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード(その2)

日本ではなかなか見られない西安の朝の光景 唐の玄宗皇帝と楊貴妃が利用した離宮・華清池 秦の始皇帝陵(車窓より) 八千数百体にものぼる兵士や動物の焼き物が発掘・兵馬俑博物館 日本人ツアー観光客が集まる田舎料理店→国営の土産屋 日本ではなかなか見ら…

千年の歴史を有す古都・西安へ : 西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード(その1)

心に余裕を。成田にて前泊 鎌倉からJR横須賀線 快速エアポート成田に揺られること2時間半。JR成田駅徒歩1分の「メルキュールホテル成田(現:ホテルウェルコ成田)」にて前泊しました。 ホテルウェルコ成田(旧 メルキュールホテル成田) 始発に乗れば…

西安・敦煌・トルファン・ウルムチ 冬の中国シルクロード

長年、行ってみたいと思っていたシルクロード。年末年始にまとまった時間があるのでチャンスは今しかないと計画を開始。 いろいろなプラン内容などを比較した結果、決定したのはハートフルツアーズの冬のシルクロード7日間。 最低催行人数が2名でした。当…

ドライブルート・高低差を保存・公開ができるサイトが便利 ~ ルートラボ

「原チャリで行く」シリーズでは、当初は地図を手描きして、ルートをなぞっていましたが、便利なサイトを発見しました。それが、ルートラボというサイトです。これが結構、役に立つんです。 ルートラボ - LatLongLab サイクリングや道案内などのルートを簡単…

乗り放題!! 24時間乗車券!(東京メトロ)

都内では東京メトロ(地下鉄)が9路線あり、都内の主要な駅を結び、たいていの場所にアクセスができます。 この東京メトロ、以前「一日乗車券」というのがあり、600円で販売されていました。乗車賃も170円~200円区間が多く、3回乗ってほぼトントン。4回…

子どもになった気分で楽しむ鉄道の運転席うしろからの眺め[前面展望]

運転席の後ろからの眺めは子どもの頃に好きで見ていた風景ではありますが、以前、たまたま車両前方に乗り合わせ、しかも、かなり空いている時間帯ということが重なり、前面展望とやらをいくつか撮影しました。以来、少しハマっています。 複々線、三複線、四…

ドライブにも、原付ツーリングにも、空想旅行にも役立つ おすすめ旅本「ツーリングマップル」

「そうだ原チャリで行こう。原付バイクでいく紀伊半島一周ツーリング記」のときから利用しているツーリングマップルという地図があります。 ツーリングマップルを検索 この地図はツーリングする2輪車ライダー向けに「走って気持ちのよい道」、「景色がきれ…

【原チャリで行く15】東京湾ぐるり一周

『一周』。これまで、紀伊半島一周、淡路島一周などなど様々な『一周』をしてきましたが、関東に来て一周するとなるとやはり『東京湾一周』。 ということで、天気の良かったある日、東京湾を一周してきました。途中、横浜では「あぶない刑事」での舞台となっ…

【原チャリで行く14】山坂道を快走したい!(川崎~奥多摩~雁坂みち~秩父)

いい天気なのでフラッと山坂道を快走したいと向かったのは奥多摩。青梅街道に入ると一気に旅気分。源流に近い多摩川に沿って走ります。途中、ツーリングマップルで見つけた一ノ瀬林道に寄り道。久しぶりに林道を走りました。 林道は自然を満喫するには最適な…

【原チャリで行く13】京都→川崎 爆走500km

1999年春。就職に伴い川崎市に引っ越ししました。その引っ越しの際に持ってくることができなかった相棒の原チャリ・YAMAHA APRIO TYPE2は京都の実家に置きっぱなし。 そこで、ゴールデンウィークの帰省の帰りに乗って帰ることに。今回はヒロシ宅に宿泊するわ…

【原チャリで行く6】秋の紅葉を楽しむ 嵐山・京都・宇治周遊

秋晴れに旅心をくすぐられ急遽、京都に紅葉を楽しみに行こうというミニ原付ツアーを企画。急な呼びかけにもかかわらず4人も参加者が集まりました。いつものメンバー「がんちゃん」。そして初参戦の、「かなちゃん」と「いくちゃん」。 大阪府池田市が出発地…

江戸・明治・昭和初期にタイムトラベルしてきました。

タイムトラベルができるwebサイトを見つけました。 map.goo.ne.jp 江戸の切り絵地図、明治地図、昭和初期に撮影された航空写真が楽しめます。(goo古地図) 縮尺変更やスクロールが可能なので、江戸の古地図や明治地図を眺めて現代の東京と時間軸で比較する…

記録を残す贅沢

フィルムカメラからデジタルカメラに いまでこそ、スマホにカメラが標準搭載され、高画質の写真や動画を気軽にたくさん撮影できることが当たり前になっていますが、私が大学生の20数年前はもっぱらフィルムカメラ。使い捨てのフィルムカメラも全盛でした。 …

【原チャリで行く7】小豆島・讃岐・土佐 四国縦断(その4):いよいよ旅も終盤。高知へ、そしてフェリー乗船。

南国市を超えて、高知市へ。 ちなみに高知市はかぎやんの実家のある街でもあります。 高知港発大阪南港行きのフェリーの出航は21:20。まだ、数時間ありますので、かぎやんの案内で、はりまや橋を横目に見ながら走ったり、広末涼子の出身校を見に行ったり、か…

【原チャリで行く7】小豆島・讃岐・土佐 四国縦断(その3):四国上陸。讃岐うどん、そして、意外と怖い かずら橋。

讃岐うどんの国・高松 いよいよ四国に初上陸。鳴門海峡大橋の淡路島側から遠くにみた四国に今はじめて降り立ちました。ここからは讃岐うどん食べ、四国の自然を感じつつ、四国を縦断し、高知に向かいます。 まずは、おなかも空いているので早速、1杯目のう…

【原チャリで行く7】小豆島・讃岐・土佐 四国縦断(その2):ヒロシのマシンがっ!小豆島にて。

小豆島到着。世界で最も幅の狭い土渕海峡を通過。 小豆島・土庄港に到着したのは夕刻、本日のお宿・小豆島オリーブユースホステルに向かいます。いつもは野宿がベースですが、今回は女性2人の参加もあるので、ちゃんと宿泊施設を利用します。 ツーリングマ…

【原チャリで行く7】小豆島・讃岐・土佐 四国縦断(その1):六甲山系の山並みを超え、瀬戸内の海岸線へ

六甲山系の山並みを走る 出発は池田市にあるヒロシ邸前。神戸方面・海岸ルートはすでに『【原チャリで行く2】淡路島ぐるり旅』で走っているので、今回は六甲山系の山並みを走ることに。国道176号(通称イナロク)を西進、宝塚を過ぎたあたりから有馬街道へ…

【原チャリで行く7】小豆島・讃岐・土佐 四国縦断

春休みもそろそろ終わりの3月末。時間の都合のつきやすいこの時期に、ちょっと遠出の原チャリ旅に出ようと集まったのは6人。本州最遠方も小田原までいったし、紀伊半島も海岸線をぐるっと回ったし、内陸部も制覇した。淡路島へもいった。すると次は、四国…

鵠沼、相模湾、そして富士山を望む片瀬山からの展望(神奈川県藤沢市)

今週のお題「好きな街」 江ノ島の近くに片瀬山というところがあります。たまたま散歩をしていて見つけたこの山からの景色がすばらしい。そのため、鵠沼(藤沢市)に住んでいた時は、よく冬の早朝に写真を撮りに行っていました。 眼下には松ノ木が多く見られ…

江ノ電が走る街(鎌倉市~藤沢市[神奈川県])

今週のお題「好きな街」 江ノ電は鎌倉と藤沢を結ぶ2両または4両の鉄道。 湘南の海岸沿いを走り、海が良く似合う。 江ノ島と江ノ電(鎌倉高校駅前) 冬の空気が澄んだ天気のいい朝は、沿線から富士山が望めます。 江ノ島と富士山(稲村ケ崎) 稲村ガ崎。こ…

【原チャリで行く3】大阪発・浜松・箱根旅~3機のマシンが駆ける~(その5):やっぱ原チャツーリングの醍醐味はフェリーだ!

やっぱ原チャツーリングの醍醐味はフェリーだ! 浜松まつりを後にし、浜名バイパスを遠くに見ながら、国道42号で渥美半島の先端・伊良湖岬を目指します。 その途中、渥美半島の中腹でアプリオ号の総走行距離1万キロを突破。メーターが一巡し、0000.0kmをマ…

【原チャリで行く3】大阪発・浜松・箱根旅~3機のマシンが駆ける~(その4):浜松まつりの凧揚げ合戦

浜松まつりの凧揚げ合戦 さていよいよ最終日。大阪に戻る日です。前日の雨模様かた一転。雲ひとつない五月晴れに。この日は5月4日。浜松まつりがあるそうなので、帰路につくまえに会場の中田島砂丘へ。 浜松まつりの大きな特徴は「凧揚げ合戦」。長男が生ま…