かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

【原チャリで行く1】紀伊半島ぐるり春合宿下見Project(その5):和歌山県、はいりまーす!

県境にある県名の標識を見るとつい、、、

阪南市のあたりで国道26号線に再び合流。大阪府の南端・岬町を通過し、そこからは少し内陸に入り、和歌山県に突入。県境にある県名の標識を見るとつい、

和歌山県、はいりまーす!』

と誰にも聞こえないのに叫んでしまいます。これが一歩一歩着実に進んでいることを示す道しるべ。モチベーションが上がります。

少し走ると、和歌山城が見えてきました。
和歌山城のそばにある定食屋のような店で食事がてらの休憩です。ちょうど和歌山ラーメンが流行る少し前だったので、和歌山ラーメンは食べていません。

昼食後のワンショット。うしろに見えるのが和歌山城。

昼食後のワンショット。うしろに見えるのが和歌山城

 

本州最南端・潮岬へ

ちょうどこの数年前にできて話題になっていたポルトヨーロッパを横目に見ながら国道42号線(熊野街道)に入ります。途中、阪和自動車道に入るとショートカットができ、時間の短縮になるのですが、やはりそこは原チャリの泣き所。高速には乗れませんので、国道42号線をテンテケテケテケと走ります。

和歌山県に入るとのどかな町並みになり、ところどころで「釣り」とか「エサ」などという看板に出会います。結構、遠くまで来たなあと実感。

御坊市から田辺市そして潮岬と国道42号線は海岸線を走ります。一般道でありながら、信号がほとんどなく、あってもいつも青という状態で、走り出すと止まらない。30分ぐらい止まらなかったときもありました。

 

原付のハンドルのところにはポケットがあり、そこにはいつもツーリングマップルとともに2リットルの水が入っていて、のどが渇くと潤していましたが、信号で止まらないと飲めません。たまに信号で止まると、ヒロシと話をしたり、水を飲んだりと、短い信号待ちを慌しく過ごします。

ここで一気に距離を稼ぎ、夕方前には潮岬に到着しました。本州最南端です。もうすぐ夕暮れという、景色の楽しめるギリギリのタイミングでした。

でも、もう夕暮れ。今日のうちに新宮までは行ってしまいたい。あと約50km程度あります。もうひと頑張りだ。と自分に言い聞かせ、暗くなった熊野街道をひた走ります。

 

本州最南端

本州最南端

潮岬灯台

潮岬灯台
ようやく新宮到着!思えば遠くにきたもんだ。

        5     

【原チャリで行く1】紀伊半島ぐるり春合宿下見Project
(トップページ)

 

スポンサーリンク