かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

【原チャリで行く7】小豆島・讃岐・土佐 四国縦断(その1):六甲山系の山並みを超え、瀬戸内の海岸線へ

六甲山系の山並みを走る

出発は池田市にあるヒロシ邸前。神戸方面・海岸ルートはすでに『【原チャリで行く2】淡路島ぐるり旅』で走っているので、今回は六甲山系の山並みを走ることに。国道176号(通称イナロク)を西進、宝塚を過ぎたあたりから有馬街道へ。いよいよここからがお楽しみの山坂道。本格的な旅のはじまりはこれから。まずはJR福知山線の鉄橋の下で記念撮影。

f:id:k_create:20181030185048j:plain

メンバー紹介

では、ここでメンバー紹介。今回は6人という大所帯。
ヒロシ(ライブDio ZX/HONDA)、がんちゃん(スーパーDio/HONDA)はおなじみ。がんちゃんと同じスーパーDio/HONDAに乗るのは、かなちゃん。そして、かっきぃーと型式も色もまったく同じJOG APRIO TYPE2/YAMAHAに乗るのは、いくちゃん。普段は大きなバイクでツーリングしてますが、今回は我々メンバーに合わせて、ダウンサイズの原付バイクで参戦。そして、新型JOG APRIO TYPE2/YAMAHAに乗るのは、かぎやん。回転ずしへ食べに行ったときに、やたらゼリーを食べまくるのが特徴です(今回の旅とは関係ないけど)。

 

スポンサーリンク

 

 

有馬街道を走り、有馬温泉を超え、少し進んだところで、裏六甲ドライブウェイを見つけました。南側にある六甲山頂方面に向かう有料道路です。原付の通行料は10円とのことなので(2002年に無料化)、是非ここは走りたいと思いましたが、残念ながら、土日祝は二輪車通行禁止とのこと。残念。そのまま有馬街道を走り、途中箕谷あたりから南下、のどかな2車線路・県道52号線を走ると海の匂いがしてきます。

 

やっぱ明石焼きはおいしい

そして明石に到着。フェリーに乗って淡路島に行った時にも訪れた町です。
あー懐かしい。
せっかくなので、以前いただいた明石焼きのきむらやで、もう一度明石焼きをいただこうと思っていましたが、まだ開店前。開店時間は午前9時ですが、開店まで20分程度時間があります。なので、懐かしのフェリー乗り場に行ってみたりしながら、時間が過ぎるのを待ちます。やはり、だしに付けていただく明石焼きは美味しいですね。あっさりしていて何個も食べられます。

f:id:k_create:20180906131635p:plain

 

瀬戸内の海岸線を快走、そして、フェリー乗船。

 

f:id:k_create:20181030185216j:plain

明石焼きを堪能したら、播磨・高砂・姫路・相生と海岸線を走り、一路、岡山を目指します。備前からは、これまた楽しみにしていた『岡山ブルーライン』を走ります。原付の通行料金が90円(自動二輪で510円)という、原付通行可の有料道路です(2004年に無料化)。沿道の緑と海が美しく、高低差のあるワインディングロードは爽快。途中、サービスエリアのようにある道の駅で休憩しつつ快走します。

f:id:k_create:20181030185309j:plain

f:id:k_create:20181030185546j:plain

f:id:k_create:20181030185709j:plain

あまりに気持ちのよい走りで、時間の経つのも忘れます。あっという間に岡山市
市街地にはいかず、そのまま新岡山港に向かいます。新岡山港には一風変わった船が停泊。

f:id:k_create:20181030185905j:plain

新岡山港からフェリー(両備フェリー)に乗り込み向かった先は、小豆島・土庄港。70分の海の旅です(ちなみに原付400円+大人1人820円で1,220円[当時])。途中、カモメが並走します。

f:id:k_create:20181030190103j:plain

両備フェリー

大人(中学生以上):1,050 円 + 原付(125cc以下) 620 円 (2018年10月現在)

www.ryobi-ferry.com

ヒロシのマシンがっ!小豆島にて

  2      

【原チャリで行く7】小豆島・讃岐・土佐 四国縦断
(トップページ)

 

スポンサーリンク