かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

全室スイートルームの七つ星ホテルでフライデーブランチ ~ バージュアルアラブ / 砂漠のオアシス 灼熱のドバイ 5日間

 

全室スイートルームの七つ星ホテル・バージュアルアラブ

2005年8月12日(金)

ドバイには世界でただひとつといわれる七つ星ホテル バージュアルアラブ(Burj Al Arab)があります。ホテルの高さも321mで世界一とか。全室スイートルームでバスルームアメニティーエルメス、1泊15万円以上の設定となっているようです。

今回は最上階にあるAl Muntaha Skyview Restaurantのフライデーブランチブッフェに行きました。ドバイの金曜日は日本の日曜日に相当するそうで、日本でいうサンデーブランチというところでしょうか。

バージュアルアラブへは予約がないと入れません。予約の際、禁煙・喫煙席の希望、支払い方法のことなども聞いてくれ、また、ドレスコードのことも丁寧に教えてくれました。ドレスコードに関する文面は次のとおり。

The dress code in the restaurant is smart casual. Gentlemen are requested to wear a shirt with collar, trousers (no jeans) and closed shoes (no trainers) or UAE national dress.

シェラトン・ドバイ・クリークからはタクシーで約30分。帆船の帆に似た独特の建物がバージュアルアラブです。周囲は低層の住宅地なので遠くからでもよく見えます。

f:id:k_create:20181210201552j:plain

f:id:k_create:20181210201555j:plain

バージュアルアラブはペルシャ湾に面する砂浜から数百メートル離れた海上に造られた人工島にあり、本土とは橋でつながっています。橋の入口にはゲートがあり、事前に印刷しておいたメール(予約番号が記載)を見せて、島に入りました。

f:id:k_create:20181210201648j:plain

ホテルの中は吹き抜けで広大な空間に豪華絢爛な彩色、エスカレーターの横には巨大な水槽。スケールが大きい。

f:id:k_create:20181210201601j:plain

ロビーにある噴水に見とれる

また、ロビーにある噴水にも見とれてしまう。 日本でよく見かける噴水は噴出された水が広がりしぶきを上げて水面へ向かうものが多いですが、ここの噴水はしぶきを上げることなく、リズミカルにまるで魚が水面をジャンプするかの如く、 放物線を描き、噴出しては吸い込まれます。水が連続的に噴出しているときはまるで水が止まっているようにも見えます。

f:id:k_create:20181210201558j:plain


【ドバイ・七つ星ホテル バージュアルアラブ(Burj Al Arab)】 噴水

 

窓の外にはペルシャ湾が広がる最上階の Al Muntaha Skyview Restaurant

Al Muntaha Skyview Restaurantは最上階にあります。窓の外にはペルシャ湾が広がり眺めがよい。音楽の生演奏もしていました。

料理は食べ放題でカキやロブスター、カニなどのシーフードや肉料理、パスタなどさまざま揃っています。ローストビーフはワゴンに載せてテーブルそばで切り分けてもらえます。 パスタは麺、ソース、具材をお好みで選び、その場で作ってくれます。キャビアのような高級食材もそろえてあり、申し出ると盛り付けてくれます。

お寿司なんていうのもありました。握りずしは見た目は小ぶりでしたが、ここまで来て握りずしというのももったいないと感じ、いただきませんでしたが、巻き寿司の上にキャビアを載せてもらいました。 同じ海鮮系で我ながらナイス組み合わせです。デザートも種類が多く、何をいただくか悩みます。料金は一人290AED(約9000円)。豪華な内容の割りにリーズナブルでした。

f:id:k_create:20181210201607j:plain

f:id:k_create:20181210201604j:plain

f:id:k_create:20181210201614j:plain

f:id:k_create:20181210201617j:plain

f:id:k_create:20181210201609j:plain

f:id:k_create:20181210201620j:plain

f:id:k_create:20181210201626j:plain

f:id:k_create:20181210201629j:plain

ケタ外れな遊びゴコロ! 波の形をした ジュメイラ・ビーチ・ホテルを望む

食事が終わると、エレベータに乗って降りるのですが、ガラス張りで外がよく見えます。

そして321mの高さから降りるのですが、この落下速度がなかなか速く、スリルのあるドキドキものでした。 あまりにあっという間のことだったので、もう一度上に上がって降りてみたり。

f:id:k_create:20181210201632j:plain

タクシーにのって帰る前に、ホテルのロビーを出て外を散策してみました。ホテルの麓から見上げてみると、写真に納まらないほど雄大

f:id:k_create:20181210201642j:plain

本土の海岸をみると、波の形をしたホテル ジュメイラ・ビーチ・ホテル(26階建て)が見えます。ビーチも海水もきれい。ただ、灼熱なので砂浜には人はほとんどいません。

f:id:k_create:20181210201635j:plain

波の形をした ジュメイラ・ビーチ・ホテル

f:id:k_create:20181210201637j:plain

f:id:k_create:20181210201644j:plain

波の形をしたホテルとはスケールの大きな遊びゴコロです。ドバイの遊びゴコロと言えば、椰子の木に見立てて海を埋め立てたパーム・ジュメイラという邸宅街や世界地図を模したThe World、灼熱の砂漠にある人工スキー場などがあります。 これらは石油が枯渇しても観光で食べていけるよう、観光資源としてリゾート開発したものだそうです。パーム・ジュメイラなんかは地図にハッキリと形がでています。航空写真では各邸宅にプライベートビーチがある様子も分かります。いやーすごい

 

続々と新しいビルが建設中

タクシーに乗りドバイ市街にもどります。
橋を渡り、うしろを振り返るとようやくバージュアルアラブの全貌がみえました。 幹線道路沿いには高層ビルが立ち並び、続々と新しいビルの建設が行われています。

f:id:k_create:20181210201651j:plain

f:id:k_create:20181210201702j:plain

ジュメイラエミレーツタワーズホテル (世界で3番目[2005年当時])

f:id:k_create:20181210201655j:plain

ショッピングモールめぐりWafi & Mercato そして再びDeira City Centreへ

            7  

砂漠のオアシス 灼熱のドバイ 5日間
(トップページ)

 

スポンサーリンク