かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / 記録したマクロを実行する方法

Lesson1 マクロの作り方 基礎の基礎

次に、記録したマクロを実行する方法を紹介します。あわせて、前記事「操作手順をマクロに記録する方法」で作成したグラフの作成マクロを実行する手順をオレンジ色の字で記載します。

 

[手順1] ~準備

マクロの作成で操作したデータを削除します。

◆前記事「操作手順をマクロに記録する方法」で作成した数値データとグラフを削除

f:id:k_create:20180924020435p:plain

 

[手順2] ~実行

マクロを表示させます。([開発]タブ>[コード]>マクロ)

そして、作成したマクロ(Macro1)を選択し、実行します。

◆Macro1を選択

f:id:k_create:20180924020453p:plain

f:id:k_create:20180924020441p:plain

 

するとあっという間に、自動的にグラフが作成されます。このようにをマクロの中身は知らなくても、操作内容を記録し実行することは簡単にできます。

ただし、条件を変えたり、発展したことをしようとすると記録したマクロの中身を見る必要があります。

★マクロを含むファイルを保存するには、保存形式を「Excelマクロ有効ブック(*.xlsm)」とする必要があります。ご注意!

記録したマクロ(VBAプログラム)の表示方法

      4            10  11

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門(もくじ)

 

スポンサーリンク