かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

ドライブにも、原付ツーリングにも、空想旅行にも役立つ おすすめ旅本「ツーリングマップル」

「そうだ原チャリで行こう。原付バイクでいく紀伊半島一周ツーリング記」のときから利用しているツーリングマップルという地図があります。


ツーリングマップルを検索

 

この地図はツーリングする2輪車ライダー向けに「走って気持ちのよい道」、「景色がきれいなところ」、「美味しいところ」、「温泉情報」などが記載されています。これらの情報は2輪ライダーのクチコミ情報がもとになっていて、単なる地図ではなく、ツーリングを楽しむためのガイドブックのようなものです。

原付ライダーにはありがたいことに、有料道路の料金も「2輪」だけでなく、「原付」が併記されていて、原付が通行できない有料道路も記されています。

原付ツーリングをするようになってから購入していますが、原付を手放しクルマを運転するようになってからも重宝しています。

一般的な旅行では行きたい場所→交通手段の順に考えるというプロセスですが、「ドライブがしたい」、「ツーリングがしたい」、「気持ちいい風景を楽しみたい」を原点に、どうやって、どんなルートで行くかという充実した旅行計画するには、この本以外にはないでしょう。

このようにガイドブックの一種として考えればクルマでのドライブにもかなり有効です。

ただ、クルマの有料道路の料金が記載されていないとか、縮尺が比較的大きいなどの点もありますので、私は普通の道路地図と併用して使っています。

クルマでのドライブにも是非そろえておきたいシリーズです。

 

今週のお題は「読書の秋」。

このツーリングマップルは、秋の夜長の読み物にも、おすすめ。旅心をくすぐられます!と書きながら、秋晴れの青空の風を感じる旅に出たくなってきました。

k-create.hatenadiary.com

 

スポンサーリンク

 

【便利な小技】包丁を汚さずにパンを切る!

YouTubeで初めて、ライフハック的な動画を公開してみました。
内容は『【便利な小技】包丁を汚さずにパンを切る!』。

惣菜パンや菓子パンを包丁で切ると油やソースなどが付いちゃうので、続いて別のパンを切るときなど不便。

本当は洗い物、減らしたいだけやろ!

バレたか。

この小技を使えば、包丁を汚さないだけでなく、パンの断面もキレイなほど、スパッと切ることができます。 

 

今回切ったパン

(1つ目)ベーコン&チーズデニッシュ(ブラックペッパー)[FAMIMA BAKERY]
(2つ目)チョコ好きのためのチョコクロワッサン[FAMIMA BAKERY]

  


【便利な小技】包丁を汚さずにパンを切る!

 

だいたいのパンでうまくいくと思います。また、ビニル袋に入れればパン以外のものに応用できることもあります。簡単なので、お試しください!

#小技 #ライフハック #lifehack

 

スポンサーリンク

 

【原チャリで行く15】東京湾ぐるり一周

『一周』。これまで、紀伊半島一周、淡路島一周などなど様々な『一周』をしてきましたが、関東に来て一周するとなるとやはり東京湾一周』

ということで、天気の良かったある日、東京湾を一周してきました。途中、横浜では「あぶない刑事」での舞台となった横浜の港町や埠頭を堪能。あぶ刑事ファンとしては、来たことがなくても、馬車道山下公園伊勢佐木町元町のブティック根岸の倉庫、と聞けば懐かしい。本牧ふ頭とかは近づける限界まで行ってみたりして。あっち行ったり、こっち行ったり、見たことあるような景色に興奮。

 

金沢八景を横目に見たり、横須賀を通過して、三浦半島久里浜へ。久里浜港からはフェリーにて東京湾を渡り、対岸の千葉県の金谷港に向かいます。(下のYouTubeは時期が違いますが、イメージとして貼りました。カモメの鳴き声付き。)


カモメと並走(東京湾フェリー 久里浜港→金谷港)

カモメと並走したり、潮風を浴びたりして。東京近郊でカモメの鳴き声が聞こえるのは貴重。東京アクアラインもいいですが、時間があるのであれば、旅情たっぷりのフェリーの旅がおススメです。

 

途中、ヒロシの住んでいる千葉の住まいにも立ち寄り一服。お台場付近なども周遊し、おのぼりさん気分に浸りながらの帰還。240kmという短めの距離でしたが、寄り道をしながら、ゆっくり楽しめるルートでした。

 

旅のメモ

日時 1999年5月
車種(メンバー) JOG APRIO TYPE2/YAMAHA(かっきぃー)
走行距離 236.4km

 

走行ルート

【原チャリで行く15】東京湾ぐるり一周 - ルートラボ - LatLongLab

 

順次公開! ほかにもいろいろ 原チャリで行くシリーズ!

 

スポンサーリンク

 

月と火星がふたたび大接近。(2018年11月16日撮影)

f:id:k_create:20181116220754j:plain

2018年7月31日に火星が地球に最接近して以降、周期的に接近しているようです。

前回、2018年10月18日の大接近のタイミングを撮影しました。

k-create.hatenadiary.com

 

そして、その次のタイミングである2018年11月16日に再度、撮影に挑戦。

ただ今回は、雲が多く撮影に苦戦するほか、前回よりも火星が小さく見える気がしました。徐々に離れているのでしょうか。


月と火星がふたたび大接近。(2018年11月16日撮影)Red Planet - Mars

  

今回の火星は小さかったものの、長めに撮影して、途中8倍速16倍速にしてみましたので、動きはよく分かると思います。

 

6,000万キロメートルよりも近い距離での接近となるのは、2003年以来15年ぶりだそうなので、次回の大接近も15年ぐらい先なのでしょうか。大接近の撮影を再チャレンジしたいものです。

 

◆2018年11月16日 月と火星が接近(AstroArts)
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10251_ph181116

 

スポンサーリンク

 

【原チャリで行く14】山坂道を快走したい!(川崎~奥多摩~雁坂みち~秩父)

いい天気なのでフラッと山坂道を快走したいと向かったのは奥多摩。青梅街道に入ると一気に旅気分。源流に近い多摩川に沿って走ります。途中、ツーリングマップルで見つけた一ノ瀬林道に寄り道。久しぶりに林道を走りました。

林道は自然を満喫するには最適な道。クルマだとすれ違いの心配などがありますが、原チャリなら何のその。たまに落ちている大きめの石に気をつけて、のんびり走ります。

山梨県に入って北上。武州秩父盆地甲州甲斐の国を結ぶ雁坂みちを走ります。途中、ほうとうを食べた気がしますが、GoogleStereetViewでたどってみても思い出せず。やはり写真やレシート、メモで記録しておくのは大事ですね。覚えているようで、結構忘れちゃう。

雁坂峠の真下を走る雁坂トンネルは原付も通行可(通行料:70円)。約6.6 kmのまっすぐなトンネル。平均時速30kmとして約13分間ひた走ります。

秩父を過ぎると、国道299号から県道53号に折れて、青梅に向かいます。このルートもツーリングマップルによるおススメルート。県道53号は旧国道のようで、急カーブが多かったり、杉林の中の狭い急坂があったりして楽しめます。

青梅からは奥多摩街道甲州街道と街道を渡り走って帰ります。

 

旅のメモ

日時 1999年5月
車種(メンバー) JOG APRIO TYPE2/YAMAHA(かっきぃー)
走行距離 295.4km

 

走行ルート

川崎市宮前区→高尾→奥多摩→一ノ瀬林道→雁坂トンネル秩父

 【原チャリで行く14】川崎~奥多摩~秩父 (その1) [川崎市宮前区~高尾~奥多摩~一ノ瀬林道~雁坂トンネル~秩父] - ルートラボ - LatLongLab

秩父→県道53号→青梅→府中→川崎市宮前区

【原チャリで行く14】川崎~奥多摩~秩父 (その2) [秩父~県道53号~青梅~府中~川崎市宮前区] - ルートラボ - LatLongLab

 

順次公開! ほかにもいろいろ 原チャリで行くシリーズ!

 

スポンサーリンク

 

もうすぐ!月と火星が大接近。[2018年11月16日(金)予定]

先月、月と火星が大接近した様子を動画撮影しましたが、若干タイミングを逃し、残念な思いをしました。

k-create.hatenadiary.com

 

2018年7月31日に火星が地球に最接近して、その後、何度か接近。前回大きく接近したのは2018年10月18日でしたが、


次回の接近は11月16日(金)夕方~深夜らしいですよ!

 

先月は肉眼でもすぐにわかる(素人でも「ん?」と気づきました)レベルでした。おそらく今回も肉眼で分かるレベルではないかと思います。

みなさんも月に接近する火星を探してみせんか。

 

◆2018年11月16日 月と火星が接近(AstroArts)
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10251_ph181116

 

スポンサーリンク

 

【原チャリで行く13】京都→川崎 爆走500km

1999年春。就職に伴い川崎市に引っ越ししました。その引っ越しの際に持ってくることができなかった相棒の原チャリ・YAMAHA APRIO TYPE2は京都の実家に置きっぱなし。

そこで、ゴールデンウィークの帰省の帰りに乗って帰ることに。今回はヒロシ宅に宿泊するわけには行かないので、これまでの原付ツーリングの経験を最大限活かし、最短・最速ルートでの到達を目指します

そのため、午前3時に出発し、明け方に到着した鳥羽からは伊勢湾フェリー伊良湖へ。名古屋を通過せずに直線的に進みます。

国道1号線も原付の通れる有料バイパス(磐田バイパス掛川バイパス/通行料金:各20円)はフル活用。どんどん先に進みます。

時間はお金で買う!

原チャリなら安いから、なおさら!

富士山では標高888mの国道469号を走り、裾野・富士遊湯の郷 大野路で露天風呂に日帰り入浴。

あー、極楽極楽。

しかし、出発という時にが。

日頃の行いやな。

うぐっ。

だんだん強くなる雨の中、ノンストップで国道246号線(通称:にーよんろく)を一気に川崎市宮前区へ。しかし、R246は原チャリには優しくないですねー。クルマがビュンビュン、雨も重なり、ヒヤヒヤもんでした。そして、なんとかその日のうちに到着という気合いの500kmチャレンジでした。(爆走のため写真を撮る暇もなしでした)

大阪から紀伊半島をぐるっと回って伊勢までの距離が537.4km。京都~川崎が近いとみるか、紀伊半島がかなり大きいとみるか。を感じた旅でした!
【原チャリで行く1】紀伊半島ぐるり春合宿下見Project(その1):そうだ原チャリで行こう。 - かっきぃーの雑記帳

 

旅のメモ

日時 1999.5.3(月)
車種(メンバー) JOG APRIO TYPE2/YAMAHA(かっきぃー)
走行距離

487.0km(ルートラボによる計測)
※実測は確か500㎞を超えていました。

 

走行ルート

城陽伊賀上野→伊勢→フェリー→浜松→静岡

【原チャリで行く13】京都-川崎 爆走500km (その1) [城陽~伊賀上野~伊勢~フェリー~浜松~静岡] - ルートラボ - LatLongLab

静岡→富士→裾野→厚木→川崎

【原チャリで行く13】京都-川崎 爆走500km (その2) [静岡~富士~裾野~厚木~川崎] - ルートラボ - LatLongLab

 

順次公開! ほかにもいろいろ 原チャリで行くシリーズ!

 

スポンサーリンク