かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

Excel VBA

エクセルVBAマクロで定型作業を効率化!

定型作業を効率よくこなすには、仕組みづくりが大切。 定型作業を効率よくこなす仕組みづくりに役立つエクセルマクロについて、「とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門」等と題して紹介してきました。これまでプログラミングの経験がなくても「とりあ…

文字列をテキストファイルとして保存するマクロ [すぐに使えるエクセル・マクロ集 ]

k-create.hatenadiary.com 100行や1000行のファイルも一瞬で出力 基本的な文章の中の一部分だけが異なるテキストを多数作りたいときには、今回紹介する「文字列をテキストファイルとして保存するマクロ」が役に立ちます。 For文などを使って繰り返せば、100…

パスを含むファイル名からファイル名のみを抽出するマクロ [すぐに使えるエクセル・マクロ集]

k-create.hatenadiary.com 2つファイルを開いて、それぞれのファイルを行き来きする 前回「Excelファイルを開くマクロ」 を紹介しましたが、2つファイルを開いて、それぞれのファイルを行き来しながらデータをやり取りする際、「とりあえず使えるエクセル…

Excelファイルを開くマクロ [すぐに使えるエクセル・マクロ集]

いろいろなアプリケーションを使っていると、そのアプリケーションでは対応していないグラフを作ってみたいとか、計算処理をしてみたいといった気持ちになるときがあります。 それらのアプリケーションに共通のデータフォーマットである「*.csv」や「*.txt」…

とりあえず使えるエクセルユーザーフォーム超入門 / 複数のユーザーフォームで変数を共有する パブリック変数(Public)

Lesson3 これだけは覚えておきたい基本機能 複数のユーザーフォームを組み合わせて使用するようになると、前段階のフォームで入力内容を次のフォームの初期値にするなど、データを共有する必要性が高まってきます。 しかし、フォームが変わるということはプ…

とりあえず使えるエクセルユーザーフォーム超入門 / ユーザーフォームの初期化(Initialize)

Lesson3 これだけは覚えておきたい基本機能 これまでに紹介した方法ではユーザーフォームを表示させた際に、あらかじめ設定した固定値しか表示できませんが、例えば、「数値や文字列を入力するための テキストボックス(TextBox)」で紹介した「初期値を表…

とりあえず使えるエクセルユーザーフォーム超入門 / フォームを実行する

Lesson2 ユーザーフォームの作り方 基礎の基礎 フォームは標準バーにあるアイコン「ユーザーフォームの実行」をクリックしても実行できるのですが、ワークシートにボタンを配置して、それをクリックすることでフォームが実行できるとスマートで便利です。 …

とりあえず使えるエクセルユーザーフォーム超入門 / 次の処理に進めるために重要なコマンドボタン(CommandButton)

Lesson2 ユーザーフォームの作り方 基礎の基礎 コマンドボタンの配置 テキストボックスなどに指定された文字を入力した後、その結果をどうするのか、例えば決められたセルにテキストボックスの値を割り当てる等の処理をプログラムする必要があります。その…

とりあえず使えるエクセルユーザーフォーム超入門 / 数値や文字列を入力するための テキストボックス(TextBox)

Lesson2 ユーザーフォームの作り方 基礎の基礎 テキストボックスの配置 数値や文字列を入力するためのものがテキストボックス(TextBox)。ツールボックスで「テキストボックス」を選択し、フォーム上の始点でクリックし、そのまま終点までドラッグすること…

とりあえず使えるエクセルユーザーフォーム超入門 / 説明文や見出しの配置に欠かせない ラベル(Label)

Lesson2 ユーザーフォームの作り方 基礎の基礎 ラベルの配置と文章の反映 フォーム上で固定の文字列を表示する際に使用するのがラベル(Label)。説明文や見出しの配置には欠かせません。ツールボックスで「ラベル」を選択し、フォーム上の始点でクリックし…

とりあえず使えるエクセルユーザーフォーム超入門 / ユーザーフォームの調整(UserForm)

Lesson2 ユーザーフォームの作り方 基礎の基礎 プロパティを変更することで、ユーザーフォームの大きさや名称、色などの設定を変えることができます。これはユーザーフォームに限らず、これから紹介する様々なツールに対しても同様の基礎となります。このプ…

とりあえず使えるエクセルユーザーフォーム超入門 / ユーザーフォームの基盤を作る

Lesson1 ユーザーフォーム 初めの第一歩 ユーザーフォームの基盤作成 Visual Basic Editorを開き、ユーザーフォームを挿入することで、ユーザーフォームの基盤が作成されます。([開発]タブ>[コード]>Visual Basic>挿入>ユーザーフォーム) 「[開発]タブ」…

とりあえず使えるエクセルユーザーフォーム超入門

直感的な入力操作を可能とするユーザーフォーム ユーザーフォームとは、「文字入力ができるテキストボックス」や「選択肢リストを表示するコンボボックス」、「[実行]や[進む]等のコマンドボタン」などを小さなウィンドウ上に自由に配置することができる…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / 次のステップへ。

エクセルVBAにはさまざまな構文が用意されていますが、今回はその中でも基礎の基礎のみをピックアップして説明しました。 今回紹介していない構文もたくさんあり、当然それらの情報を知っているとよりよいですが、この基礎の基礎さえしっかりと抑えておけ…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / マクロ実行でエラーが発生。解決方法の見つけ方。

Lesson3 マクロ実行でエラーが発生 プログラムを作成していると、スペルミスや構文の使い方間違いなどにより、エラーが発生したり、想定どおりの処理がされない場合があります。ここでは、これらの問題解決に役立つ対処方法をまとめます。 プログラムを1行…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / VisualBasicの基本構文

Lesson2 これだけは覚えておく基本構文 マクロを作成する上で是非覚えておきたいのはデータの一時保管場所を示す「変数」、繰り返しができる「For文」と条件分岐ができる「If文」。これらは表現こそ違ってもどのプログラミング言語にも含まれている基本の基…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / ExcelVBA特有の基本構文

Lesson2 これだけは覚えておく基本構文 Lesson1で紹介したのはマクロと呼ばれるプログラムの自動作成機能について紹介しましたが、自分でプログラムを作成することにより、より使いやすく、より便利なマクロを作成することができます。プログラムを書くに…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / マクロを実行するボタンを作る方法

Lesson1 マクロの作り方 基礎の基礎 これまで、マクロを実行するのに「[開発]タブ>[コード]>マクロ」と複数の手順を踏んでいましたが、ワークシート上にボタンを配置し、それを押すだけで指定したマクロが実行できると便利です。ここでは、マクロを実行する…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / 記録したマクロに手を加える

Lesson1 マクロの作り方 基礎の基礎 では、前記事「記録したマクロ(VBAプログラム)の表示方法」で確認したマクロをベースに手を加えてみましょう。 (1)セルへの数値入力の方法を変更する マクロの自動作成ではセルへの数値入力は次のように表されて…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / 記録したマクロ(VBAプログラム)の表示方法

Lesson1 マクロの作り方 基礎の基礎 では、記録したマクロ(Macro1)の中身(VBAプログラム)を見てみましょう。プログラムを見る方法は次のとおり。 [手順1] Visual Basic Editorを開きます。([開発]タブ>[コード]>Visual Basic) [手順2] ウィ…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / 記録したマクロを実行する方法

Lesson1 マクロの作り方 基礎の基礎 次に、記録したマクロを実行する方法を紹介します。あわせて、前記事「操作手順をマクロに記録する方法」で作成したグラフの作成マクロを実行する手順をオレンジ色の字で記載します。 [手順1] ~準備 マクロの作成で…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / 操作手順をマクロに記録する方法

Lesson1 マクロの作り方 基礎の基礎 まずは操作手順をマクロに記録する方法を紹介します。あわせて、グラフを作成するマクロを例とし、具体的な操作内容をオレンジ色の字で記載します。 [手順1] マクロを記録します。([開発]タブ>[コード]>マクロの記録)…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門 / 準備編 マクロ機能を有効にする。

マクロはプログラミング言語VBAで書かれています。ですから、悪意のあるプログラム(ウイルス)が書かれているファイルを実行すると損害をこうむる場合があります。こういったことから初期設定でマクロ機能が無効になっている場合があります。その場合は…

とりあえず使えるエクセルVBAマクロ超入門

VBAマクロで手間や時間を大幅削減 エクセルにはマクロと呼ばれるカスタマイズ機能があります。この機能を使うことによって 繰り返し行っていた定型的な操作を自動化することができる 入力フォームやメッセージボックスなどのユーザーフォームがつくれる …