かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

ゴールドスークへゆく / 砂漠のオアシス 灼熱のドバイ 5日間

途中、ケバブをいただく

2005年8月11日(木)

ドバイにはスークと呼ばれる伝統的な市場があり、エキゾチックな雰囲気が楽しめます。

スークには香辛料を取り扱うスパイススークや服地・布地を取り扱うテキスタイルスーク、 また魚・野菜・肉などを取り扱うスークなど扱うものによっていくつかの種類のスークがあります。その中で金製品を取り扱うゴールドスークに向かいました。

途中、行列のできているケバブのお店があったので、買い食いすることにしました。

行列には地元の人ばかりだったので、日本人が珍しいのか、ピクルスをサービスしてくれました。なかなか美味でした。

f:id:k_create:20181210201505j:plain

f:id:k_create:20181210201508j:plain

f:id:k_create:20181210201512j:plain
f:id:k_create:20181210201514j:plain

 

そして、お目当てのゴールドスークに。

2005年8月11日(木)

そして、お目当てのゴールドスークに来ました。そこらじゅうのお店の店頭に金製品が陳列してあるので、きらびやかこの上なし。きんきらきんのきんです。

ハマツコがここで金のアクセサリーを買いたいというので、いくつかのお店に入って検討中です。 日本のようにアクセサリー一つ一つに値札がついているのではなく、値段は重さと金相場と価格交渉によって決まります。 しかし、結局、気に入ったデザインのものがなく、購入を見送りました。

夜とはいえドバイの夏は灼熱。この日の気温湿度はハッキリとは分かりませんが、40℃/80%程度はあったような感じでクタクタ。 ホテルにもどることにしました。しかし、タクシーがなかなか捕まらない。これまでは大体、ホテルやショッピングモールなどから乗っていたので問題はなかったのですが、街中で拾おうとしても、 なかなか捕まりません。ゴールドスークとシェラトンの距離は約3kmなので、日本なら歩いてしまう距離ですが、さすがに無理です。しかたがないのでタクシーを探し彷徨っていました。 クリークのそばの小さなホテルにたどり着きましたが、タクシーは待っていない。そんなことをしているうちに、そのホテルへタクシーに乗ってきたお客が。 精算が終わったタクシーを運よくつかまえることができました。

 

中東だけど本格的なインド料理を ~ 本格的インド料理アシアナ

2005年8月11日(木)

シェラトンに無事到着。夕食はシェラトンの1階にある本格的インド料理アシアナへ。この店、結構評判がよいようです。チキンカレーと野菜のカレーを注文。 ナンといっしょにいただきます。評判どおりの美味でした。

f:id:k_create:20181210201721j:plain

f:id:k_create:20181210201517j:plain

 

ドバイの朝

2005年8月12日(金)

朝起きてカーテンを開けると、雲ひとつないすがすがしい朝が。ドバイは年間を通じてほぼ毎日快晴だそうです。

本日のモーニングもまた昨日と同様にホテルの1階にあるヴィヴァルディ レストラン(イタリア料理)。オムレツとフレッシュジュースは定番です。

f:id:k_create:20181210201550j:plain

f:id:k_create:20181210201546j:plain

七つ星ホテルでフライデーブランチ ~ バージュアルアラブ

          6    

砂漠のオアシス 灼熱のドバイ 5日間
(トップページ)

 

スポンサーリンク