かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

すべての路線図、おトクな乗車券情報。都バスのすべてが1枚に!「みんくるガイド」を手に入れた。

都営バスは比較的よく利用しますが、いつも思うのは街並みを堪能できる魅力。地下鉄は便利ですが、景色を堪能することはできません。都心であっても、すべてが高層ビル群というわけではなく、

  • 寺社仏閣、皇居、公園といった緑多き場所
  • 歴史を感じるスポット
  • 古くからの住宅地
  • 歴史ある商業地域

などなど多彩な街並みで成り立っています。

また、国会議事堂東京タワー東京スカイツリーなどのランドマークも点在しており、車窓の景色を楽しめるポテンシャルが高い

どうしても観光ではそのスポット、スポットが独立してしまいますが、その中に都バスによる移動を交えれば、点と点が線で結ばれ、その間の街並みの変化を感じる楽しさが増えます。

 f:id:k_create:20180913014606j:plain

そんな都バスにはかなり多くの路線があります。しかし、ウェブページでは、東京全体の路線図を見渡すことが難しい。

目的ありきでの検索ならウェブで十分ですが、路線図から魅力ある旅行計画を立てるには、どうしても、路線図全容が一目でわかる印刷された大きなものが必要。

そこでそんな路線図がないかなと、検索していたら、都バスの営業所の他にも、どうも都営地下鉄の各駅(一部を除く)でも配布していることが分かりました。

そして、手に入れたのがみんくるガイド』。広げると都バスの全路線図が描かれています。  

f:id:k_create:20180913015940j:plain

拡大すると、こんな感じ。

f:id:k_create:20180913014613j:plain

 

裏面には、主な観光地への路線をピックアップした「都バスでめぐる東京」マップや、都バス一日乗車券(500円)などのおトクな乗車券情報などがギュギュッとまとまっています。

f:id:k_create:20180913015949j:plain

 

こうしてみますと、かなり縦横無尽に路線バスが走っていることが分かります。山手線圏内であればどこへでも行けそうです。一日乗車券は3回乗れば元がとれます(コストパフォーマンスかなりよし)。一日でどんな充実したコースができるのか、一度考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク