かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

ウイスキー樽から生まれたダイニングテーブル

[過去の記事を残すシリーズ](2009年頃の記事)このとき購入した「白州さん」や「バックホールド」というデザインは無くなっていますが、樽ものがたりシリーズは健在です。

以前よりずっと気になっていたウイスキーの樽材から作られたダイニングテーブルを購入しました。ウイスキーの樽は高級家具に使われるホワイトオークの柾目材でできており、木目がすっごく美しく、この重厚感がたまりません

f:id:k_create:20181219013026j:plain

樽ものがたり ダイニングテーブル 白州さん / ダイニングチェア バックホールド

ダイニングテーブルにはいくつかの形状の種類がありますが、「白州さん」というシリーズを選びました。理由は「(1)お誕生日席にも座りやすい」「(2)幕板がついていて丈夫そう」と感じたから。実際に見たところ、支柱いっぽんをもってしても、重みがあり、しっかりとしたつくりになっていることを感じました。

あわせてダイニングチェアとして、「バックホールド」も購入しました。座面や背もたれが身体にあわせて曲げた加工になっており、しっくりとくる感じです。長時間座っていても疲れにくいです。

注文を受けてから製作するようで、30日~40日程度の日数が掛かるようです。しかし、そのかわり色も選べるし(どちらも「山崎」を選びました)、テーブルの長さや高さがいくつかから選べます。

森で100年、樽で50年過ごしてきた木材がさらに家具として、これから50年、100年と使われることを考えると、感慨無量です。ダイニングテーブルのほかにも、小物から建材まであります。ゆくゆくは樽材のフローリングなんてやってみたいものです。

サントリー樽ものがたり | 樽ものがたりとは

 

スポンサーリンク