かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

【原チャリで行く3】大阪発・浜松・箱根旅~3機のマシンが駆ける~(その5):やっぱ原チャツーリングの醍醐味はフェリーだ!

やっぱ原チャツーリングの醍醐味はフェリーだ!

浜松まつりを後にし、浜名バイパスを遠くに見ながら、国道42号で渥美半島の先端・伊良湖岬を目指します。

f:id:k_create:20181017211950j:plain

その途中、渥美半島の中腹でアプリオ号の総走行距離1万キロを突破。メーターが一巡し、0000.0kmをマーク。記念写真を撮影しましたが残念ながらピンボケ。

f:id:k_create:20181017211953j:plain

f:id:k_create:20181017211955j:plain

 

伊勢湾フェリー乗船!

伊良湖岬から伊勢湾フェリーに乗船し、鳥羽に向かいます。
クルマだと車両の長さによって値段が異なりますが、4m以上5m未満で5770円(当時)(大人1人の乗船券を含む)ですが、原付だと2150円(当時)(2018年時点では3090円)(大人1人の乗船券を含む)となり、リーズナブル。2150円で伊勢湾をショートカットできるのだから、時間的にも大幅に短縮できます。

ただ、フェリーの本当の醍醐味は、なんといっても旅情たっぷりなところ。第2弾「淡路島ぐるり旅~鳴門大橋を訪ねて~」に続き、2度目のフェリー乗船です。

潮風を体に受け周囲の島々を望んだり、フェリーが起こす波しぶきを浴びるのは何とも言えない癒しの時間。やっぱフェリーはいいなあ。あー、だからやめられない。

伊勢まで来ればもう帰ってきた気分。第1弾「紀伊半島ぐるり春合宿下見Project」では初瀬街道(国道165号)を通りましたので、今回はもう一つ北側を走る伊賀街道(国道163号)で帰ります。

おしまい

 

最終日のルート詳細 

latlonglab.yahoo.co.jp

順次公開! ほかにもいろいろ 原チャリで行くシリーズ!

          6

【原チャリで行く3】大阪発・浜松・箱根旅~3機のマシンが駆ける~
(トップページ)

 

スポンサーリンク