かっきぃーの雑記帳

おもしろき こともなき世を おもしろく

米国横断旅の記録:サンフランシスコ名物のケーブルカーを堪能

サンフランシスコ名物のケーブルカー

サンフランシスコ名物のケーブルカーには

Powell-Hyde Line
Powell-Mason Line
California Line

の3路線があります。

週末のPowell-Hyde Lineはかなり混雑していると聞いていたので、まずはPowell-Mason Lineの一番海側の停留所を目指しました。Taylor St.とBay St.の交差点にあります。あまり混んでおらず、スムーズに乗ることができました。

乗車1回につき5ドルですが、muni PASSPORT(1day-Pass)を持っていたので、提示するだけでOK。

◆サンフランシスコ・ケーブルカー路線図 
http://www.cablecarmuseum.org/ride.html

 f:id:k_create:20181006031314j:plain

f:id:k_create:20181006031316p:plain

ケーブルカーの客席の後ろ半分は室内にあり、前半分はベンチ式のオープンスペースになっています。ベンチの外側にはステップがあり、座席が埋まるとそのステップに立って乗ります。

f:id:k_create:20181006031319j:plain

f:id:k_create:20181006031322j:plain

両側にあるベンチシートの間、すなわち車両の中央には操縦用のレバーがあり、運転手が操作しています。

f:id:k_create:20181006031324j:plain

どういう仕組みで運転しているのかよくわかりませんでしたが、次に行くケーブルカー博物館で知ることができました。

スポンサーリンク

 

 

ケーブルカー博物館(Cable Car Museum)

f:id:k_create:20181006031328j:plain

ケーブルカー博物館(Cable Car Museum)は各路線のちょうど中間地点にあります。入場は無料です。ここではケーブルカーの歴史や動く仕組みが紹介されています。ショップもあります。

館内のちょうど中央部にはいくつかのモーターがあり、ケーブルを駆動しています。

このケーブルが各路線の道路の下に埋まっており、ケーブルカーはそのケーブルを掴んで走るというのが仕組みということが分りました。

さきほど紹介した操縦用のレバーでケーブルをつかんだり放したりしているようです。このケーブルカー博物館は単なる博物館ではなく、心臓部でもあるのです。


サンフランシスコケーブルカーの駆動源 (San Francisco Cable Cars)

 

f:id:k_create:20181006031333j:plain

f:id:k_create:20181006031337j:plain

はじめてのステップ乗車!

ちょうど博物館から出ると、人気路線Powell-Hyde Lineのケーブルカーがやってきました。最前列のステップが空いていたので、すかさず乗車。

はじめてのステップ乗車!海岸方面に向かいます。気をつけないと、路上駐車のクルマにぶつかりそう。そんな様子を動画はこちら。


サンフランシスコケーブルカーでステップ乗車1 (San Francisco Cable Cars)

 

下り坂ではケーブルを放し、重力とブレーキで制御しながら下ります。

 


サンフランシスコケーブルカーでステップ乗車2 (San Francisco Cable Cars)

f:id:k_create:20181006031339j:plain

終着のBeach St.に到着。Market St.方面に向かうケーブルカーの乗車待ちは大行列。なので、ふたたびTaylor St.とBay St.の交差点にあるPowell-Mason Lineの停留所まで歩きました。やはり、こちらの順番待ちはほどんどなくすぐに乗車できました。

 

f:id:k_create:20181006031343j:plain

Beach St.(Powell-Hyde Line) 

人力で稼働するターンテーブルがおもしろい

f:id:k_create:20181006031347j:plain

Bay St.(Powell-Mason Line)

待っているときに進行方向の転換の様子を動画撮影。ケーブルによる駆動力で加速したのち、惰性でターンテーブルまで。そして、ブレーキ。テーブルは人力(もたれかかる力)で回転させます。超アナログがいい。


サンフランシスコケーブルカーの方向転換 (San Francisco Cable Cars)

 

夜のケーブルカー

そして、再度Powell-Mason Lineに乗って、ユニオン・スクエアまで戻り、その後メンバーたちと合流。夕食はユニオンスクエアそばのレストランでいただくことに。

すっかり夜になりましたが、折角1day-Passを持っていたので、夜のケーブルカーを堪能しようと、人気のPowell-Hyde Lineに。さすがに夜だったので待たずに乗ることができました。夜のケーブルカーもなかなか趣深かったのですが、3月初めということもあり、ほろ酔いで睡魔が襲ってくる中、寒空のベンチシートは少々きつかったですが、合計4回とサンフランシスコのケーブルカーを十分堪能できました。

f:id:k_create:20181006031350j:plain

 

サンフランシスコの列車カルトレイン(Caltrain)

          6        10
11  12  13  14  15

米国横断旅の記録/サンフランシスコ・ワシントンDC・ボストン
(トップページ)

 

スポンサーリンク